バッチ
委嘱バッチ

エンブレム
懸垂エンブレム

インストラクターの活用

制度導入の背景と目的

 日本鉄道OB会には、現在、各種の分野でインストラクターとして活躍している方方が大勢見受けられ当会の活性化の一助となっています。制度の目的は、豊富な経験により、初心者への正しい知識と適正な技を指導していただき、健全な余暇の利用・自己啓発・会員相互の親睦・地域活性化と当会の発展を遂げることです。このインストラクターの方々を広く共有し活躍の場を広げるため、「インストラクター制度」を導入しました。

インストラクターの資格要件

  1. 種目に関する知識と技術に優れた人
  2. ボランティア精神の旺盛な人
  3. それを職業としていない人
  4. 政治色、宗教色を出さない人
  5. 受講者の正しい知識及び安全な指導を行ない、当会の発展に寄与できる人
  6. インストラクター登録者または資格認定者

インストラクターへの資格申請

 インストラクター希望者または推薦者は、所属する鉄道OB会へプロフィール等を登録してください。

インストラクターの認定登録

  1. 連合会会長は、各鉄道OB会からの推薦に基づき認定をし、委嘱状・バッチ(左図)を授与します。
  2. 連合会会長は、年1回特に優秀で鉄道OB会の発展に寄与しているインストラクターを表彰します。
  3. 連合会会長は、全国インストラクター登録名簿を整備し、各鉄道OB会へ提示します。

インストラクターの主な種目

 全国で1258名の方がインストラクターとして登録されています。159種目のグループ指導員として活動中です。
 種目の主なものを挙げると


 それぞれのインストラクターの専門種目ごとにグループを編成し、無理のない実行プログラムを組んで仲良く楽しく長続きさせて貰いたいものです。活動を通じて皆さんの生き甲斐や自己実現につながれば素晴らしいことだと思います。OB会もきっと魅力あるものになるでしょう。
 『インストラクターの募集中』。技能をお持ちでまだ名乗りをあげておられない方は積極的に所属支部にお申し出くださるようお願いします。